ウルフドッグ

【狼犬(ウルフドッグ)を飼う・飼いたい方へ】狼犬(ウルフドッグ)との暮らし

Pocket

 狼犬(ウルフドッグ)飼育歴1年目のYumikaです。今回は、狼犬を飼う・飼いたい方へ向けて、狼犬との実際の暮らしを通して、心がけていることや気をつけていることなど書いていきたいと思います。

 狼犬については、検索するといくつか情報は出てきますが、その大半が飼育したことのない方の情報だったりするので、実際に狼犬と暮らしている我が家の経験を踏まえて、ご参考になれば幸いです。

スポンサードサーチ

狼犬とは

 名前の通り、オオカミとイヌを掛け合わせた超大型犬です。日本国内で交配される狼犬は、シェパードやハスキーとの掛け合わせが多く、ジャパンケネルクラブでは正式な犬種として認められておらず、雑種扱いとなっています。正式な犬種として認められているのは、サーロス・ウルフホンドとチェコスロバキアン・ウルフドッグのみです。

 また、遺伝的な狼の度合いにより、ハイコンテンツ(High Contents, HC)、ミドルコンテンツ(Middle Contents, MC)、ローコンテンツ(Low Contacts, LC)に分類されます。そして、同じコンテンツの子でも、見た目は狼寄りで中身が犬気質タイプの子、見た目は犬寄りで中身が狼気質タイプの子に分けられると思います。狼の度合いが高いハイコンテンツの子ほど、飼育の難易度は高くなります。

狼犬を飼うにあたって

 狼犬を飼うにあたり、心構えや理想と現実について、分かりやすく書いてくださっているローズウルフさんの記事から抜粋させていただきます。ローズウルフさんは、海外の狼犬ブリーダーから直輸入され、ペットタイプとして育てている希少なブリーダーさんです。狼犬の飼育に関して、私も参考にさせていただいております。

ウルフィーさの高いウルフドッグは、人間の子どものように沢山の時間と注意とケアを必要とします。

…(中略)…

個体によっては飼主にも素っ気ない態度をする事も多く、彼らが屋外で逃げたら捕まえることは困難です。

そんな人が嫌いなウルフドッグは人がいる場所での散歩を苦手とし、人が見えるとパニックを起こすことが多くあります。

大きな彼らのパニックは想像より制止に力や技術を要し、咄嗟の引きがすごく強く、いきなり100%の力を出して逃げようとする事もあります。

恐怖で失禁脱糞をする事も多いです。道端で大量の便を撒き散らしながらパニックを起こして歩き回られたらとても大変だと実感するはずです。

街中で人とすれ違っただけでパニックを起こし脱糞失禁をしてパニックを起こすことを、毎回散歩でされたらどうしますか?

簡単に言うなら野良猫はどう躾をしたら鳥を捕まえないようにできますか?爪を立てないように出来ますか?子どもや人に対する接し方は?

これらのことをあなたはウルフドッグにどうやって教えていきますか?

飼育の難易度が高いのはこれらの人嫌いの遺伝子や弱者に対する危険性があることだと思います。

飼育は大変と言うよりかはなにかと面倒臭い事が多いです。

…(以下略)
是非リンク先のサイトにて全文をご一読ください。

 狼犬を飼うには、一般的な犬を想像して飼ってしまうと想像以上の根気と体力、気力が必要となります。飼い始めてから、全然違ったと手放すようなことになる前に、両親犬の性格やブリーダーの話をよく聞き、できれば欲しい個体に似ている子を飼っている方に実際に話を聞いてもらいたいです。

スポンサードサーチ

パートナーを見つけるには

 あなたはどんな狼犬と暮らしたいのでしょうか?飼育は大変ですが、ウルフィーさの高いハイコンテンツの子?見た目は狼寄りでどこでも連れ歩けるようなペットタイプの子?

 私の場合は、白系の狼犬かつ旅行やイベントへ連れていきたかったので、ペットタイプを探しておりました。しかし、日本国内でホッキョクオオカミを交配して、狼犬を作出しているブリーダーはいなかったため、ホワイトシェパードとの掛け合わせの子を迎えることにしました。

 加えて、両親犬がフレンドリーであることを条件に探していたところ、アシェルに出会いました。見た目はこれからも変わるかもしれませんが、白ベースで金色混じりのとても綺麗なコートで、今のところ、花火以外は怖がることなく、初めての場所も平気、人間にもフレンドリーで、予想より飼いやすいと感じています。※決して狼犬が飼いやすい犬種というわけではありません。私の場合は、シベリアンハスキーを先に飼っていたので、接し方・しつけのベースがあり、そのように感じただけで、犬を初めて飼う方にはハードルが高いかもしれません。

狼犬と暮らしていて、犬と違うなぁと思うこと

 我が家の狼犬アシェルは、父親犬がハイコンテンツのウルフドッグ、母親犬がホワイトシェパードです。正確なパーセンテージはまだ計測しておりませんが、おそらくローコンテンツになると思います。(新型コロナウイルスが落ち着いたら検査する予定ですので、分かり次第お知らせいたします)

生後8ヶ月頃

有り余るパワー

 アシェルは、生後2ヶ月のときにお迎えしました。そのときから、ご飯時の飛びつきの勢いがスゴく、マテを教えるのに体力が入りました。また、お留守番のときは、短時間であればバリケンに入れていたのですが、慣れないうちは、そのバリケンを破壊するほど。苦笑

折り曲げられた金属の扉
どうやったのか、折れてました

 生後4ヶ月頃から8ヶ月頃までは、他の犬を見つけると挨拶&遊びたくて、物凄い勢いで引っ張っていました。

社会化

 狼犬は、狼気質が高いほど、人間社会に出るとパニックになったり、脱糞や失禁をしてしまうことがあります。

 幸いアシェルは、犬気質のようで、散歩やおでかけは、特に怖がることなく、外出することができました。アシェルひとりではなく、エルフィたちと一緒に出かけているので、それもハードルを下げていたのかもしれません。

 また、人との触れ合いについても、フレンドリーなフェリシアを見て育った影響もあるのか、誰に触られても平気、人によっては初対面でも自ら寄って行きます。

イベントにて。大勢の人がいても全然平気

食事について

 狼犬を飼っていると、生肉をあげるんですかと聞かれることがあります。新鮮であれば、あげても良いかと思いますが、衛生面から我が家ではあげていません。基本的には、ドッグフードです。たまに、ご褒美やトッピングとして鹿肉や鶏肉、豚肉をあげたりしています。

 ドッグフードをあげる理由の一つとして、肉類をメインにしていると、災害時に何も食べなくなってしまう可能性を危惧しているからです。

スポンサードサーチ

まとめ

 狼犬は、一般的な犬を飼うよりもハードルは高いですが、そのフォルムや遠吠えは迫力があり、かっこいいですし、懐いてくれると、とっても甘えん坊で可愛いです。この記事をご覧いただき、大変さも理解した上で飼ってみたい!と思った方おりましたら、是非お迎えしてあげてください。狼犬が隣にいる幸福感をあなたにも味わってほしいです。

 以上、かなり主観ではありますが、狼犬を飼う・飼いたい方の参考になりましたら嬉しいです。ご質問ありましたら、お気軽にどうぞ!