Pocket

先日、Embarkの遺伝子検査キットを用いて、アシェルの遺伝子検査をしたのですが、英語のサイトだし、送るのアメリカだし、戸惑う方もいるかなと思い、やり方を記載したいと思います。

スポンサードサーチ

Embarkとは

 Embarkとは、アメリカのボストンにある Embark Veterinary, Inc.が提供するペットの遺伝子検査サービスです。

 日本国内にもペットの遺伝子検査サービスは、いくつかあるのですが、Embarkの方が検査内容が豊富で、狼犬のブリーダーさんが利用していることもあり、私も今回、こちらのサービスを利用しました。

 アメリカのサービスなので、全て英語表記になっています。抵抗のある方もいらっしゃるかと思いますが、今は自動翻訳があるのでご安心を。ちなみにgoogle chromeの方は、右クリックで日本語に翻訳すれば簡単に翻訳できます。

購入

 Embarkのサイトへいくと、商品が2種類あります。Breed ID KitとBreed + Health Kitです。割引価格で$20ドルしか差がないので、Breed + Health Kitの購入をオススメします。

 Buy nowというタブをクリックすると商品画面へ遷移するので、Add to cartを押し、カートに入れます。複数買いたい方は、個数を変更し、Check outへ。

すると購入画面に遷移し、お届け先の住所や氏名、連絡先、お支払い方法などを入力します。(ローマ字で入力してくださいね)

 購入が完了するとメールが届きます。これで後は商品の到着を待つだけです。

スポンサードサーチ

キット到着〜発送まで

 注文してから、2〜3週間後にキットが届きます。開封すると下記のようなものが入っています。中に記載してあるEM-XXXXX は、検査No.なので、後で結果を見るために必要ですので、無くさないようにしましょう。

 ・検査容器
 ・送付用の袋
 ・検査容器を入れる透明のジップ付き袋

唾液採取

 まずは、愛犬の唾液を採取しましょう。検査容器を開けて、大きな綿棒状のものを取り出します。そして、それを愛犬の口の中へ。人間でいう頰袋のところをグリグリ30〜60秒程しみ込ませます。※不純物混入を避けるため、食後30分以上経ってから採取してください。

 採取の仕方は、こちらに説明動画があります。

検査容器をシェイク

 唾液を採取できたら、容器に戻し、きっちり閉めます。10秒程振って中の溶媒と検体をミックスさせます。

発送方法

 付属の透明のジップ付き袋に入れ、送付用の袋に入れれば発送の梱包は終了です。アメリカ国内であれば、送付用の袋にUPSの伝票が貼ってあるので、このまま投函してOKなのですが、日本の場合はそうはいきません。

 日本からアメリカへ送付する場合、いくつか方法はありますが、今回のようなものはEMSがオススメです。使い方が不明な方は、こちらのページをご参考まで。

 ・発送種別:小形包装物
 ・発送方法:飛行機

その他、必要事項を入力が完了すると、登録したメールアドレスに二次元コードが送られてくるので、郵便局に配備されている、ゆうプリタッチにかざして、ラベルを印刷し、発送すれば完了です。送料は1個で800円くらいだったかと思います。

 余談ですが、私も担当した郵便局員さんも初めての国際発送だったので、戸惑い、郵便局員さんからは羽田の動物検疫に確認してくださいと発送を止められ、追い返されてしまいましたが、確認したところ、特に問題なく発送してOKでした。

進捗状況が送られてくる

 発送が完了しても、国際発送だし、ちゃんと届いたか心配になることもあるかと思います。私もちゃんと届いたか心配でしたが、Embarkに届くと受領連絡が届きます。(アカウント登録が必要。下部に記載)

 上記のようなメールが発送して、2週間くらい経った頃にきました。

 その後も数日〜1週間おきのペースで検査の進捗が届きます。

こちらは、検査のファーストステップに入りましたとの連絡
順調に検査が進んでおり、あと1-2週間で終了するとの連絡
Health項目の結果が出たとの連絡

アカウント登録

 発送が完了したら、検査結果がくるまでに、アカウント登録をしておきましょう。

 公式サイトの右上にSign inというボタンがあるので、そこからアカウント登録をします。

 登録時に検査No.も登録(activate)して、結果がきたらすぐに見れるようにしておきましょう。

 アカウント登録が完了すると、下記のようなメールが届きます。

 以上、Embarkへの送り方含め、色々書きましたが、ご質問などありましたら、お気軽にご連絡ください。

 我が家のアシェルの検査結果は、こちらの記事をご覧ください。