Pocket

 今年の冬は、積雪が多いらしいですね。冬と言えば、ウインタースポーツ!シベリアンハスキーを飼っている・飼いたい方であれば、一度はやってみたいと思ったことがある、、、かも?

 そんな愛犬とスキー(or スノボー)したい方へ、我が家のシベリアンハスキーとスキーしてきましたので、ご参考になれば幸いです。

スポンサードサーチ

愛犬とスキーするために必要なもの

スキーウェア

 シベリアンハスキーのような被毛に覆われた犬であれば、犬用のスキーウェアは要らないかもしれませんが、一般的なわんこには必要です。また、色味は派手な方が周りの方との衝突を予防できます。

リード

 スキーのエッジで愛犬を傷つけないためにも、5m以上の伸縮リードがオススメです。吹雪で視界が悪い時用にLEDライト付もオススメです。

ハーネス

 首輪だと引いた時に負担がかかってしまうので、ハーネスがオススメです。

肉球クリーム

 犬も人間同様、しもやけになります。そんな時、ケア用品があれば心配ありません。

おやつ

 スキー並走は、かなり体力を消耗します。肉系のおやつを準備してあげましょう。

ウェアラブルカメラ

 人間や愛犬に装着して、躍動感のある映像を撮ることができます。

レンタルもあります。


【レンタル】 【6泊7日HERO7】 ゴープロ ヒーロー7 gopro レンタル GOPRO CHDHX-701-FW Wi-Fi ウェアラブルカメラ LCD液晶搭載 【本州往復送料無料】 【北海道沖縄片道送料無料】

愛犬と滑れるスキー場2選

 日本で、愛犬と滑れるスキー場は、たった2つしかありません。(他にもありましたら、教えてください…!)

野沢温泉スキー場

 ペットは、長坂ゴンドラのみ乗車可能です。大型犬もリードのみで乗ることができます。※ペット1匹につき長坂ゴンドラ1回600円です。こちらの注意事項をご確認の上ご来場ください。
 ゴンドラ降車後、どのゲレンデもペットと一緒に滑走することができます。
 人間の料金は、こちらの料金表をご覧ください。

ゴンドラ内は相乗りで密でした。笑(2020年2月です)
リフトは、抱っこすれば乗車可能でした(2021年~はNGかもしれません。ご確認ください)

 野沢温泉スキー場での滑走の記事はこちら

黒姫高原スノーパーク

2022-2023シーズンから、わんこと一緒に滑れるゲレンデおよびドッグランが新設されました!

エルフィ家はまだ行けてないので、利用させていただいた後に記事にしたいと思いますが、概要を載せておきます。

わんこは、1DAY 2,500円(平日)・2,800円(土日祝)、3時間チケット 1,500円(平日)・1,800円(土日祝)です。

人間の料金はこちらの公式サイトをご確認ください。

わんこと乗れるリフトは第7リフトのみ(ペアリフト)

ゲレンデはツリーサイドというコース。なんとこのコースではオフリードで良いとのこと。そうなると呼び戻しが必須ですが、我が家は皆できるので、めっちゃ気になる、行きたい!

ペアリフトでは、人間ひとりにわんこ1匹なので、無理か……なんて思っていたら、リフト移動が不安なわんちゃんはスノーモービル移動をしてくれるらしいのです(公式サイトに載ってた)

これは行くしかない!

以前はペットOKだった白馬さのさかスキー場 →2020年以降ペット禁止に

縮小営業のため、2020年以降ペット禁止となっています。今後、ペットOKとなるかは分かりませんが再開しましたらお知らせします。

以下、2019年に行った際の様子を備忘録兼思い出として置いておきます。

 ペットは、第3高速リフトのみ乗車できます。リードのみでOK。滑走は、レイクダウンコース、ファミリーゲレンデのみになります。車は、第5駐車場に停めてください。※分かりにくいのでご注意ください。
 ペットの料金は、
  人間+犬一回券 800円 犬一回券 500円 犬一日券 2000円
人間の料金は、こちらをご覧ください。
 一回の滑走が短いので、6回以上滑る方は、一日券の方がお得です。

 人間ひとりに対し、わんこ一匹なのでご注意ください。我が家はこれで、エルフィとフェリシアそれぞれ別々に滑りました。(待ってる間は車内待機)

チケットはこんな感じ↑
野沢温泉スキー場で慣れたのかリフトも全然平気なエルフィくん
フェリシアちゃんは、ちょっと不安そうでした

わんこフレンドリーの白馬さのさかスキー場ですが、2020-2021シーズンは感染症拡大防止対策のため、わんこの入場が全面規制されました。

スポンサードサーチ

素敵なスキーライフを

 最後に、我が家のスキーを動画にしましたので、貼っておきます。