犬関連

【お留守番よりも安心】ペットホテルの選び方

Pocket

 長時間、家を空けなければならない時や宿泊を伴う出張など、ペットホテルを活用したいシーンが出てくることがあるかと思います。そんなとき、どこのペットホテルに預けたら安心なのか、今後、ペットホテルの利用を考えている方へペットホテルの選び方の参考になれば幸いです。

スポンサードサーチ

ペットホテルの種類

ペットホテル専門店

 ペットを預かることを専門にしているお店です。24時間体制で滞在中のペット達のお世話をしてくれるホテルも多く、数時間の一時預かりにも対応しています。預けている間は、スタッフさんから1日の様子がメールやSNSを使って報告があります。

動物病院に併設のペットホテル

 動物病院に併設されているペットホテルであれば、急な体調不良にも対応してもらえるため、安心して預けることができます。持病があるペットや老齢のペットで投薬の必要がある場合など、療養中のペットにとって動物病院でお世話をしてもらえるので安心です。ただ、夜間はスタッフが不在になったり、診療中はお散歩にいけないなど自由に過ごすことに制限があり、わんちゃんにとって不自由な場合があります。

トリミンサロンに併設するペットホテル

 トリミングサロン併設のペットホテルでは、預かり中に爪切りやシャンプー、トリミングを頼むことができ、ペットホテルを利用することでトリミング割引サービスなどの特典がつくこともあります。

預ける前にチェックしたい項目

預ける部屋のタイプ

 多くのペットホテルでは、ケージで預かることが多いのですが、特に大型犬を預ける場合は、そのケージの大きさがペットのサイズに合っているのか、よく確認しましょう。

 ケージ以外にクレートや個室、フリースペースで預かるペットホテルもありますので、普段のおうちでの過ごし方と似ているところを選ぶと良いかと思います。入りきれない犬を預かってフリースペースに放置する劣悪業者もいますので、ご注意ください。

散歩や遊び、ドッグランの対応有無

 わんちゃんの場合は、預けている間、ずっとケージや個室にいては退屈してしまいます。お散歩やスタッフさんと遊んでくれたり、室内にドッグランを完備しているところもありますので、どのようなサービスをしているのかチェックしておきましょう。

食事内容について

 普段と違い、慣れていない場所で過ごすため、食事が進まない場合があります。いつものフードが持ち込みできるか確認しておきましょう。逆に、ペットホテルオリジナルの食事(手作りごはんなど)を用意しているところもあるので、預かり中のご褒美として利用するのも良いかもしれません。

送迎について

 送迎の時間がない、自分が運転できなくなった、車の都合がつかないなどでお迎えに行けないこともあるかもしれません。そういう場合に備えて、送迎を行ってくれるところだと安心です。

夜間の対応について

 24時間スタッフが常駐する場合と、夜間はスタッフが不在になるホテルがあります。飼い主不在の慣れない環境で、急に体調を崩す場合もありますので、夜間も体調の変化に気づけるスタッフ24時間常駐サービスがあれば、安心です。

病院提携やドッグトレーナーについて

 ペットホテル専門店やトリミングサロン併設のペットホテルの場合は、病院との提携があればさらに安心です。また、ドッグトレーナーやドッグコンシェルジュがいれば、健康チェックや管理をしてくれますので、さらに安心です。

預かり中の報告について

 ペットホテル専門店やトリミング併設のペットホテルでは、1日の様子をメールやSNSでお知らせしてくれるところがあります。動物病院併設のペットホテルでは、口頭での報告が多いようです。預けている間、心配な飼い主にとっては、メールやSNSでの報告は有難いですよね。

スポンサードサーチ

まとめ

 預ける日が近づいてくると、飼い主自身が不安になることもあります。ペットは飼い主の心に敏感で、ペットも不安になってしまいます。心配なことがあれば、必ず事前に確認しておきましょう。また、お願いしたいことは口頭で伝えるだけでなく、書き留めたメモをスタッフさんに渡すのが確実です。

 できれば、預ける前に見学しましょう!

 ちなみに、我が家で預ける際は、散歩や遊び、室内ドッグラン完備であること・24時間スタッフ常駐・メール or SNSで報告があることを条件にしています。そして、必ず、見学するようにしています。